FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

ん~

最近、オナニーもブログも
ゆっくりしていない(爆)

下↓の赤い下着の写真の日に
朝起きて、抜いたけど・・・(爆)

やっぱり、夜ゆっくりしたいよね!!
明日、休みだから何処かに抜きに行こうかなぁ(自爆)


さて、もうすぐ仕事終わり。
今日は風呂屋に行って勃起露出でもしてくっか(馬鹿)



FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

18:45 | オナニー | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

明日休み

なんで、4日分のタンクの貯蔵物を放出しないといけない(爆)

で、昼に1回放出(笑)

んで、今から2発目にチャレンジ(笑)

いってきまぁ~す(爆)


21:58 | オナニー | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

疲れた時に

疲れた時には「疲れマラ」(笑)

何だか、無性にオナニーしたくなる。
皆は、他の男性陣はどうなんだろう?


22:19 | オナニー | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

バイクで...

天気がいいので、バイクで遠出した。

まず海方面。
海岸線を走ると気持ちいい!

そして山方面へ。
小さなみかん畑があったり、最高に気持ちいい!

そして俺は、みかん畑のいっかくでオナニー...(爆)

やっぱ、外は最高だょ!
2日ぶりだから、今日は2発目!

帰りに、銭湯行って、今帰宅!やっぱやることねーしオナルか(笑)

orz
19:31 | オナニー | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

昼間から・・・

やちゃったょ(汗)

夜まで待てなかった・・・(笑)
本当は、いい子なんです・・・(爆)
14:59 | オナニー | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

汁・・・

オナニーすると「我慢汁」が出るよね。
けど、俺ってあんまり出ない。

だから、ローションは欠かせない(笑)


昨晩もベランダでオナニーしたけど
やっぱりパワー倍増させるには、ローションは欠かせない。

昔は有名メーカー「ぺぺ」を使っていたが
ここ最近は、アダルトショップで見つけたいい具合のローションを使っている。無名の会社であるが・・・何時までもヌルヌル感が持続する。しかし、ぺぺの様に大きいサイズがないしインターネットで調べても検索されないwww


みんな、ローション使うのか?

「クチュクチュクチュ」って音が
夜空に響く(爆)





14:03 | オナニー | comments (1) | trackbacks (0) | page top↑

ベランダで・・・

俺の住んでるマンションは、やたらとベランダが大きい。布団を引いても十分なくらいだ。それがこのマンションを選んだ理由だ。不動産屋に言わせると、新婚家庭用に作ったマンションだったらしいが、地域柄 誰も入居者が居なかったらしい(笑)こんな田舎に住む新婚カップルは居ないだろう!!で、30部屋ほどあるマンションは独身者向けに開放されたらしいのだが、最初の3ヶ月は誰も入居者が居らず、焦ったオーナーは家賃を下げる事で何とか凌いでいるらしい(笑)

部屋は2LDKと独身者には広いくらいの間取り。
しかも、4Fの西南角部屋。南向きのベランダからはすばらしいほどの風も入り快適に過ごせる。部屋は廊下の一番突き当たり・・・なので玄関の扉を開放していれば、夏場など北からの心地よい風が通り抜けて、寝る時などエアコン要らずである。


俺のバイト先に「柴犬」みたいな年下の後輩がいる。同じくらいにバイトを始めたのだが、どうも俺の事を気に入っているようで、やたらと懐いてくる。まぁ~嫌な奴ではないので適当にあしらってはいるがどこまで本気なのか分からない。どんな奴にも尻尾を振っているように見えてしまう。
そんな柴犬が、何度かこのマンションに遊びに来た事がある。そいつは一人暮らしに憧れているようで、部屋の隅々まで見渡しては一々感心して帰ってゆく。高校を出たばかりの年齢では仕方ないかもしれないが、このマンションに来る事を含め、何が目的なのかよく分からないところがある。

そんな柴犬が、何度目かの訪問時にふとこんな事を言い出した。

「夕都さん、夏場なんかこのベランダで寝たら気持ちいいでしょうね!!」

ちょっとびっくりした。俺と同じ事を考えていたからだ。去年はそれを実行出来なかったから、今年の夏は挑戦するつもりでいたのだ。


とうとうその日が来た。
俺はばあちゃんの家にあった「蚊帳」を実家の母に頼んで送ってもらった。今は誰も使うことも無くなった蚊帳がこんな日の目を見るとは誰が想像しただろう。

4Fの角部屋、隣の部屋も下の階の住人もいない。少々大きな音を出しても誰からも文句など言われない。ベランダ側に至っては見渡す限りの田園地帯。左側に竹薮があり、そこから奥に小高い山が連なり右方向斜め奥へと連なっている。その手前は一面の水田。そう初夏には緑色の絨毯が広がる田園地帯なのだ。非常に穏やかな地域の特産物である。
なので、ベランダ側からは誰も覗かれる心配もなく、一様にカーテンなど無用の長物になっている。

ホームセンターで購入した折りたたみの利く「ござ」や懐かしい「蚊取り線香」などを買いしめ揚々と時間の来るのを待っていた。

8時・・・飯も食い、風呂にも入ったが寝るには早すぎる・・・。待ちきれず・・・(笑)

常日頃から部屋の中では、俺はパンツ一枚か、全裸で過ごしている。この日もどうしょうか迷ったのだが・・・普段通りパンツ一枚でベランダに用意した「蚊帳」へと入っていった。一時間ほど前から「蚊取り線香」を点けていたので、とても懐かしい匂いや、遠くから聞こえる蝉の鳴き声に暫し感傷に浸っていた。6畳用の「ござ」の上に母が一人暮らしの記念にと送ってくれた「羽毛布団」を敷き、少し蚊帳のせいで見えにくくなっている夜空を見上げる。星までは見えないが「漆黒」の「闇」が大きな口を広げてゆっくりと横たわっている。


やはり・・・。
よからぬ事を思いつく。


「オナニーしたら気持ちいいだろうなぁ~・・・。
そう思った瞬間に・・・。パンツを脱いでいた(情けない)

オカズなどいらない。
最高に気持ちいい。


今では、誰にも言えない内緒話の№1である。

もしかして、「柴犬」も同じ事をするだろうか?
奴ならするだろう。いや、必ずする。断言できる。

その日は、記念に2発。
そして、ベランダで熟睡できることを確認した。


3日連続で睡眠をとってみたが、どうも朝が早すぎる。夏は夜明けが早いのだ。それと、布団の出し入れが非常に面倒だと言う事を思い知らされる。結局、その3日間だけで「ベランダ睡眠」は終わり、その代わり「ベランダオナニー」と言うすばらしい「行為」は継続されている。





「蚊帳」と「蚊取り線香」・・・今年の夏のいい思い出です。


(爆)

03:16 | オナニー | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

過去

まぁ~
過去の話として・・・

俺がまぁ~なんだ・・・オナニーを・・・って話しさ(笑)

俺には6つ年上兄貴がいる。俺が小学校高学年の時、高校生の兄貴が彼女を部屋に連れ込むことがちょくちょくあった。そんな時は隣の部屋で勉強をしている俺に声を掛け少しのお小遣いを与えて、敷地内にあるばあちゃんの家へ行かされる。
彼女が来る時は決まってそのパターン。一応、前の日には一声掛けられ「これで頼む・・・母ちゃんには言うなよ・・・男の約束だからな・・・」小学生には大金の500円。多い時には月に2000円以上になることも・・・。
事が終われば、何食わぬ顔でばあちゃんの家へ電話を掛けてくる「ばあちゃん飯ある?」あるに決まってる。「喫茶&スナック ロマン」を経営している父と母・・・晩御飯は必ずばあちゃんが作ってくれていた。そんな状況にも拘わらず、わざとらしく電話を掛けてくる。まぁ~いつの間にか俺への合図になっていたのは間違いないけど・・・。


その日はどうしても、自分お部屋に行かなければならなかった。
 
ばあちゃんの家で晩飯を食った後、宿題をしようとカバンを覗くと明日の分の教科書が無い・・・。どうせ9時には帰ってゆくのだからいいんだけど、その日はどうしても見たいテレビが9時からあったのでそれまでに宿題を済ませておきたかった。
二階に上がると左手前が兄貴の部屋、その奥が、今は大学の関係で一人暮らしをしている元姉貴の部屋。そして目的地である階段を上がって右の部屋が俺の部屋。ゆっくりと足音を立てずに階段を上る・・・。半分まで来た時、女性の声がした。明らかに彼女の声だ。小学生の高学年ともなると、裸で抱き合っている位の想像はつく・・・。心臓がドキドキしてどうしようもない衝動に駆られた事を今でもはっきりと覚えている。足早に用を済ませ、ばあちゃんの家に帰ったが、宿題なんか手につくはずも無い。9時から始まってテレビでは洋画がやっていたが、そんな日に限ってやたらとキスシーンが多いのを覚えている。


小学校6年生。俺にも毛が生えた。

仲のいい友人N君にも生えた。見せっこをして驚いた。友人N君のチンチンは先から尿道口が「コンニチハ」していた。全部が「コンニチハ」していたわけではないが、明らかに俺のとは違う形態をしていたので思い切って聞いてみた。「オナニーしてるからかなぁ~」と友人N君・・・。俺は衝撃を受けた。あの真面目で、女の子の前では顔を赤くし、スポーツマンで勉強も出来る・・・あの友人N君が・・・。

暫くして
「夕都はオナニーしないの?」
「あ、あぁ~するよ・・・あんまりしないけど・・・」
「そうなんだぁ~。俺最近毎日してる」
「へぇ~・・・」

まだ俺にとっては未知の産物「オナニー」
友人N君は・・・毎日・・・

夏休みの出来事だった。


とうとう兄貴に・・・。

俺は兄貴に何でも相談してきたと思う。両親が家にはあまり居ないので、相談相手はどうしても兄貴になってしまう。今でもそうだ。この日は特別だった。「相談があるから早めに帰ってきてほしい」とその日の朝に、こっそり兄貴の部屋に忍び込んで伝言を残しておいた。
 兄貴にしてみれば、弟の一大事と思いクラブもバイトも休んで夕方には帰ってきてくれた。俺の部屋をノックして神妙な面持ちで「夕都どうした?何かあったか?何でもお兄ちゃんに言えよ・・・ん?どうした?」俺はちょっと言い出し難かった。事が事だけに・・・。友人N君との出来事をゆっくり話し、本題に入った・・・

「オナニー教えてほしい」
俺は思い切ってそう切り出した。そして、友人N君には「たまにする」と言ったが、俺はまだした事が無いって事や、「尿道口のコンニチハ」はどうしたらあんな風になるのかっての事も・・・思い切って聞いてみた。

「・・・」兄貴は無言だった。
俺のベッドに腰掛けたまま無言だった。

暫くして、兄貴はおもむろに立ち上がり俺の座っている机の方に歩いてきた。俺は怒られるものだと思い覚悟した。しかし、兄貴は無言のまま、俺の脇の下に手を入れ、子供にするような「高い高い」をしてくれた。そんな兄貴の目にはうっすらと涙が滲んでいた。
長身の兄貴に「高い高い」してもらうのは久し振りだった。兄貴が中学生まではよく遊んでくれたし、風呂なんかも一緒に入っていた。けど、高校生になった兄貴はクラブやらバイトで忙しくゆっくり話す暇も無かった。

「久し振りに一緒に風呂に入るか?」
「うん!」

俺たちは、ばあちゃんの家で早めの夕食をとり久し振りにゆっくりと学校の事やテレビの話し、ゲームの話しなんかをした。


「夕都入るぞぉ~」ちょっと父の声に似ていた。
俺は、ちょっとドキドキしていた事を覚えている。約3年ぶりくらいに入る兄貴との風呂。勿論中学生だった兄貴の「毛」や「コンニチハ」も知っている。だが、今は自分がそうなってしまい、同じ大人の仲間としての「毛」や「コンニチハ」はまた一味も二味も違って見えてくる。成長期にある兄貴の体は日焼けし3年前とは見違えるほどの体だった。いや、兄貴にしてもそうだろう。まだまだ子供だった俺の体が大人になっていく様を特別な思いで見ていたに違いない。

兄貴は俺の体を昔のように洗ってくれた。されるがままの状態。少し違うのは・・・俺は「勃起」していた。前を向かされ足とももの辺りを洗われている時・・・何だか分かんないままに・・・。兄貴は無言のまま丁寧にその「勃起」した一物を洗ってくれた。

「夕都、後ろ向きに座れ・・・」
「う、うん・・・」

そう言って兄貴はイスに座っている自分の前に後ろ向きで胡座をかいて座るように言った。そして石鹸が全身についた俺の体を後ろから抱きかかえるように容で兄貴の足の間に俺は入っていった。石鹸で滑る兄貴の太くて長い足。そして兄貴は俺に覆い被さるような容で俺の「勃起」した一物に手を伸ばしてきた。俺は兄貴の体がヌルヌルと背中から脇にかけて触ってくる感触に何だか変な気分になったのを克明に覚えている。暫く両手で「毛」の辺りやももの辺りをヌルヌルされていた。耳元では優しく女の子の話しや友人N君の「コンニチハ」の話しをしてくれた。
そして、俺は今までに無いほどの「勃起」をした。それを感じ取った兄貴は俺の一物をゆっくり上下に動かした。痛かった。その事を兄貴に言うと「我慢しろ」そう一言だけ言われ上下運動は止めてはくれなかった。玉の下の辺りがぐぅ~っとくるような複雑な感じで、へその下辺りが押し込まれるような・・・。大きくなった「亀頭」部分がマックスだった。痛かった。俺は他の事を考えようと思ったが、気持ちいいのか分からない痛さを伴った複雑な感覚。ふと、背中に当たる硬いもの・・・。兄貴も「勃起」しているようだった。俺は触っていいか聞いてみた。兄貴のを見たい衝動に駆られた。自分でもどう言う感覚なのかは分からないが無性に他人の、いや・・・兄貴の「勃起」した一物が見てみたくなった。触りたくなった。「少しだけだぞぉ」そう言われた俺は振り返り今までに見たことも無い巨大な「大人のペニス」を見た。玉も大きく、だらりと垂れ下がっている。2・3度上下をしてみたが鉄のように硬く熱くいきり立っていた。

「さて、出すか?今度は自分でやってみろ!!」
兄貴は自分の「大人のペニス」をゆっくり上下運動しながらそう言った。

俺は兄貴の上下運動を真似るように自分で動かしてみた。兄貴が泡のついた自分のももや腹の辺りをさすりながら、右手は上下運動する様を俺も真似てみた。

それは、いきなりだった・・・。裏の辺りが気持ちいい事に気付いた俺は集中的に手を動かしてみた。兄貴も同じところが気持ちいいらしく、剥けきった「裏」辺りをヌルヌルした手でまさぐっていた。

「兄ちゃん・・・何だかおしっこが出そうな感じがしてきた」

そう言っても俺の手の動きは止まらなかった。
一瞬だった。

玉の下の辺りがぎゅ~っと押されるようななんとも言えない快感が襲ってきたかと思ったら、先の方から白い液体が2・3度勢いよく飛び出してきた。初めての射精だった。

兄貴は、おもむろに立ち上がり今までのスピードとは比べ物にならないくらいの勢いで上下運動を繰り返した。時には体を海老反りにして力を入れてみたり、また、激しく動かしていた上下運動を止めてピクピク動く「大人のペニス」を思う存分楽しんでみたり、まだまだ子供の俺に見せ付けているようでもあった。

「よく見とけよ・・・」

そう言って、「大人のペニス」の激しい上下運動を止め腕組をしたかと思うと、ペニスを2・3度ピクピクさせ「イクッ」と、掛声と共に壁にある鏡に向かって大量の白い液体が何度も何度も吹き出てくる。シャンプーのボトルから出てくるくらいの量が何度もだ・・・。



この日の夜は、俺たちは一緒の部屋に寝た。兄貴の部屋に俺が布団を持ち込んで夜遅くまでずっと話しをしていたのを覚えている。
少しだけ兄貴に近づいた気分の俺を優しく包んでくれる兄貴。




兄貴に関して「下」の話しは、どうもユルイ・・・。けど、普段は気の優しいどちらかと言えば「気持ちは硬派で、下半身は軟派」(笑)

これ以外にいっぱい兄貴には教えられました(笑)
それは、追々話します。


んじゃ!!
今日はこの辺で・・・・。



05:24 | オナニー | comments (1) | trackbacks (0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。