FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

新規の営業

20070210180720
20070210180719
ばんわっm(__)m夕都っす

昨日の事。

景気がいいのか、怠慢なのか分からないが、うちの会社はあまり新規顧客を増やす事がない。

そぅ、僕にとっても一年振りの新規営業・・・

と、行っても、お呼びが掛ったから、たいして難しい仕事でも無い。。。

筈だった(T~T)

言い訳すると、久し振りだったって事と、稀にみる大きな仕事内容だった為、途中からしどろもどろに・・・(汗)

何話したかも、記憶が無くなる位に緊張して、挙げ句の果てに『社に帰って検討します』って言っちゃった(自爆)
担当者の人も、目を剥いて『えっ!!・・・あっ、はい・・・』だって(汗)
そらそうだょね!
わざわざ、大きな仕事を向こうから頼んでるのに、偉そうに『検討します』だって(汗)
仕事貰えるだけ有難い話しなのに、世間知らずにも程があるょねぇ~(笑)

ハァ~(汗)

落ち込みがちに、トボトボと帰社。事前に社長は知っていたみたいで(汗)
余計な仕事を増やしたみたいで(汗)

ハァ~(汗)

落ち込んだ俺は、会社の帰りに、大きな街の駅前の雑居ビルのトイレで『シコシコ』って(爆)
変な緊張で、完起ちにはならなかった(涙)

一枚は、個室の中で。
もう一枚は、洗面所の鏡の前で。
鏡の前で、シコろうと思ったら、次々に利用者が・・・(汗)
だから、一枚しか撮れなかったぁ~(爆)

やっぱり、変態なんだぁなぁ~俺って(爆)

夕都




【高機能レンタルサーバーが月々1,500円から】

   FC2 Blog Ranking  人気アダルトBLOG
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
18:10 | 露出 | comments (6) | trackbacks (0) | page top↑

今日も(恥)

20061015215313
今日も露出オナニーをしようと思う・・・のだが、場所を思いつかない。
なんせ、日曜日だし出てくる同輩がたくさん居そうで(爆)

写メは先日の朝撮り(笑)



FC2 Blog Ranking



21:53 | 露出 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

昨晩の露出

夕都チンチン

昨晩の露出で、チンチンの写真を撮った。

ブログに載せるか迷ったが
やっぱり・・・・・(爆)



FC2 Blog Ranking





19:23 | 露出 | comments (1) | trackbacks (0) | page top↑

漁港

露出射精


興奮し過ぎて、完全勃起する前に射精しちまったぁ(爆)

バイクで15~20分ほど走ると海に出る。田舎の小さな漁港が湾の入口にあって、その横に工場跡らしき廃虚がある。
廃虚の横には出入り自由の広い駐車場。昔はこの辺りまで漁船が停泊していたらしいが今はその船達も陸揚げされ、処分しようにも膨大な費用の為、嘗ては栄華を誇った宝舟でさえ、ただの「歴史的遺産」となりつつある。

その駐車場の端に地元の人は誰も来ない素晴らしい場所がある。

しかしだ、皆考える事は同じで、その場所は夏場など「CARSEX」の車でいっぱいになる(笑)
勿論、今日も大変な繁盛ぶりで2~3台の車が駐車している。

この辺りでは、隣街に有名な場所があるらしく、そちらでは掲示板などを使い見せ合いなど頻繁に行われているようだが、俺が利用しているこの場合は、比較的「穴場」らしく、大人しい目の人達みたいだ(爆)


俺は邪魔をするのは嫌だし、されるのも好きではない。サッさと事を済ませて写真を撮りたかったのだが、何隻かある船の横で、街灯が当たる場所を選び、いざジーンズとボクサーブリーフを足元まで下ろし、シコり始めた時に近くにいたトラックがエンジンをかけた。ちょっとはびっくりはしたが、この雰囲気をどうしてくれる?と思うくらい腹立たしかった(笑)

場所を変え、今度は漁港の方へと行った。

ここには、朝のイカ釣り船が何隻か明かりを点け停泊している。その作業中の小屋の横が空き地になっており、絶好の場所だった。イカ釣り船と小屋の反対側には市道が走っており、車の往来も頻繁にある。その空き地は街灯の当たる場所へと出ない限り人目には付かない。
作業中の人達とは20mほどしか距離は無く、このドキドキ感がたまらない。
下半身の物は脱ぎ捨てシコりだした。
少し生暖かい風がももの部分を刺激し昂揚を促す。

忘れられない、夏の全裸での刺激。
誰かに見られたい・・・・・

俺は、街灯のある方へと歩いてゆく。
見られたい・・・・・
車の往来のある市道脇へと歩いてゆく。


完全に勃起もしていないのに、もう既に「射精感」が押し寄せてくる。異常なまでの興奮から抑えきれない何かが自分の手を衝き動かす。

我慢できず、ガードレール横の鉄柵へと射精した。
後から気付いたのだが、漁港へと流れ込む河口付近には数名の釣り人がいた。多分、いや、必ず見られたはずだ(恥)


報告までに・・・


FC2 Blog Ranking

04:57 | 露出 | comments (0) | trackbacks (1) | page top↑

今から・・・

ちょっとお出かけっす(笑)
ご察しのとおりプチ露出っす(笑)

捕まらない程度に(笑)


FC2 Blog Ranking

02:01 | 露出 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

公園にて

田舎町の公園。

誰もいないさびしい公園で、今年最後の全裸オナニー(笑)
もう寒いね(笑)

外での全裸オナニーは最後!!

気持いいね~やっぱ!
辞められない!
※決して法に触れるほどのものではありません。


04:33 | 露出 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

アダルトショップ

久し振りのアダルトショップ。
やっぱり、最高!!(笑)

開放感があるっていうか、心の奥底に眠る何かが沸々としているのがよく分かる。胸の辺りを軽く押されている様なドキドキ感はたまらない。

ローションを購入。
最近は少量用がある。

1回用(笑)
\300くらいだったかんぁ~??

よく分からんが、お手ごろ価格なのだようか?
それとも、俺みたいに携帯用?(爆)
俺と同じように、どこか露出でもしてる奴が、ローションを片手に場所の品定めでもしているのだろうか?


昨日は、雑居ビルのトイレで全裸オナニーしてきた(笑)
※因みに、犯罪には触れない様にしていますwww



20:00 | 露出 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

カミングアウト・・・2

やはり露出について、具体的な例を挙げておこう。
※犯罪になるような行為は一切して下りませんm(_ _*)mアシカラズ


・初めての露出は、前期したように、登山における山小屋でのオナニー(高校時代)

・次にどうしても記述しておかなければならないのが、駅前百貨店などの雑居ビルでの露出オナニー。これはもっと詳しく時間のある時に話しをする事にしよう。これは高校時だから現在に至るまでちょくちょく実行している(高校時代~現在)

・JRの新快速の中にある、トイレでのオナニー(高校時代・大学時代)

・高校の近所にある竹薮。そこで全裸による散歩(高校時代)
(今思えば、非常に怖いことである)

・高校の修学旅行の際、悪友でもある友人N君と最終日の自由時間を使い旅館の裏庭で野外オナニー(高校時代)

・大学1回生の時、夏休み最後の一週間を使い電車で「鈍行の旅」と称して野宿をしながら旅をした。その泊まる駅で「マーキング」としてのオナニーをする(大学時代)

・大学卒業記念にタイへ一人旅をした。勿論、開放感から毎日のようにオナニーはしたが、二週間の旅行中に知り合った日本人と意気投合し、下ネタ三昧・・・旅の恥は掻き捨て・・・同室でも平気で全裸で居れるくらいの仲になった!!ヌーディストビーチ、小便の飛ばし合い、精子の飛ばし合い・・・(笑) こいつとの事もいずれここに書きます(笑)
(大学時代)

ざっとはこんなもんです(爆)
詳細は、また次回にしますね。

さて、今日もベランダオナニーをして寝ますwww
おやすみなさい。



02:55 | 露出 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

カミングアウト

http://yuto0213.blog48.fc2.com/




ある意味においては「カミングアウト」であろう。

俺は、露出が好きだ(爆)


特定の人に見せるだとか、全裸にコートを着て女性の前で見せるだとか言う、ああ言った類のものではない。
意識下にある素直な部分である(正当化するならこういった表現になる 笑)

環境のせいでもあるだろうが、人前で裸になるのにあまり抵抗が無い。勿論、前記しているように意味無く、無闇矢鱈と脱ぐわけではない。高校・大学とキャラ的には「大人しく、無口な人」を演じていた俺からすると、想像もつかないだろうが、ごく親しい友人達の間では特に「普通」の男を曝け出していた。エロ話もするし自分を露呈することにも何ら抵抗は無かった。


最近では、この夏の一大イベント「ベランダオナニー」がもっぱらのお気に入りではある。夜遅くに全裸でベランダオナニーするのである。今年からそのような事思いつき、約2ヶ月の間頻繁にシコシコと頑張っている。
しかし、これも単なる思い付きではない。それは遡る事高校時代の出来事から始まる・・・。


高校1年生の夏休み。
俺は兄貴の大学の卒業旅行と称して、夏山登山に誘われた。勿論、登山自体初めての俺には、兄貴にまかせっきりのプランだった。ろくに話しも聞かず適当に返事をしてしまった事を後で少し後悔したのを覚えている。

その山は1000m級の山で、5泊6日の兄弟2人だけの本格的な夏山登山であった。

麓の街で1泊し、次の日には列車とバスを使い5合目までゆく。登山に必要な心と体の準備をする為に ここでももう一泊する。そこには小さな売店などがあり、最終的な買出しはここで済ませる事になっているようだ。
次の日は、日の出と共に宿泊者は山小屋を後にする。しかし、俺達と数人のグループは、昼からの出発になった。これはスケジュールの問題で、俺達のグループは山頂途中でもう1泊する為、時間調節をする事になったのである。兄貴は俺の体調などを考えそのようなスケジュールを組んだようだ。
登るルートはいくらでもあるそうで、俺達兄弟は一番単調で、分かりやすいルートを選んだ。勿論兄貴の提案ではあるが、兄貴にも自信がある訳ではなかったようだ。
8合目の山小屋で1泊をし、次の日山頂まで登りきった。特に大きな広場があるわけでもなく、石が積み上げられたところに小さくボロボロの旗がたっているだけの貧相なものだった。しかし、すばらしい景色やこの清々しい空気感は日常の生活からは得られないだろう。

下山には時間をかけて下りる。足の疲れなどを考えながらゆっくりと下りるのである。勿論ルートにもよるし山にもよって違いはあるのだが、何せ俺みたいな「ど素人」がいるのだから仕方ない。

下山ルートの8合目でもう一度、山小屋へと泊まった。二段ベッドが2つある部屋が8部屋。30名ほどが泊まれる山小屋が2棟ある。しかしこの日はこのルートを使い宿泊するグループは少数らしく・・・正確には分からないが俺達を含めても10名もいなかったと思う。

俺達はカバンの中身を減らすため、出来るだけ多くの食材を食べた。
明日は麓の街まで一息に下山する。そんな事から、兄貴のテンションがやたらと高い。今日の山頂での出来事や下山したら何が食いたいだの・・・話しは尽きない・・・。嫌な予感がしていた。案の定、下ネタが始まった。「あの時は最高だった」だの、下ネタのオンパレード。
夏山と言っても、寝袋に入らないと寒い。首元にはタオルを巻いて暖をとる。話しは続き止りそうにもない。いたいけな少年へ聞かせるべく内容ではないのは明らかで、ましてや弟に話す事ではないと思われる(笑)暫く兄貴の話しは続き俺はいちいち返事もしなくなった。そして、嫌な予感は的中するのであった。「キュキュキュッ」ナイロンの擦れるような音が山小屋の中に響いてきた。人里は離れた山小屋にリズミカルに鳴り響くナイロンの音。そう、兄貴は自らの下ネタに興奮し「オナニー」を始めたのだ。
確かに、「体力を奪うから」と言う理由で「オナ禁」を兄貴から言い渡されていた俺も、「ギンギン」であった。勿論兄貴にしても同じ理由だろう。合計すると10日ほど「禁欲」しているのだから若い二人には仕方のない現象であるにしても、明日には麓のちゃんとした旅館に泊まるのだからもう一日我慢すればいいモノを、兄貴には理解しがたい事だったのであろう。

兄弟の血は争えない。
もう痛いくらいに、激しく「勃起」している一物を俺は握り締めていた。兄貴に確認してしまった。

「兄ちゃん・・・出すの?」
「おぉ、おう!!夕都もするか?」
「・・・う、うん!!」

俺達お馬鹿兄弟は、空室にそれぞれ移動し抜いてきた(恥)

しかし
馬鹿は死ななきゃ直らないとはよく言ったもので、俺の「暴れん棒」はまだ治まってはいなかった。兄貴もそのような事を口にした・・・(笑)

そして兄貴の提案
「外でやったら気持ち良いぞ!!夕都やんないか?」
「えぇ~!!外でオナニーするの?」
「おぅよ!!気持ちいいんだぞ・・・」

体験済みらしい・・・(爆)


俺の暴れん棒はまたマックスになっていた。想像しただけで武者震いする。気温のせいでは決してない。


山小屋を、寝ている人達に気付かれないようにこっそりと外に出て行った。お互い無言のまま(暗黙の了解 笑)木の陰に行った。5mほど離れた場所の木を選び、俺は兄貴がどんな風にするのかを見ていた。たった10分ほど前に搾り出したにも関わらす、俺も兄貴もカチカチになっていた。兄貴のベルトを外す音が聞こえる。俺達はお互いが見なくなるようにするわけではなく、もし誰か山小屋から出てきた時の為に、そのような木の陰を選んだ。だから、ここから兄貴のズボンを下ろした下半身が丸見えなのだ。そうそう、ちょうどトイレの立小便と同じような感じだ。横を見れば完全に見えてしまう状態。しかし、兄貴にはそんなことどうでもいいらしく「巨木ならぬ巨根」を激しく前後運動をしている。さすが大学生にもなると子供の俺のモノとは比較にならない。それでも俺もやっぱり、鼻息荒く負けじと前後運動を繰り返した。俺のフィニッシュは早く、まだまだコントロール出来るほどではなく呆気なかった。兄貴といえば、俺が残り汁を絞り出しズボンを履こうとしている時にフィニッシュを迎えた。相変わらず最後のフィニッシュは上下運動をせずに腰に手を当て反動だけで勢いよく飛ばすのだ。俺は木を目がけて射精したが、兄貴は「野に放つ」ように広くなったところ目がけて射精した。それはまるで途切れ途切れに小便をしているかのような大量の精液だった。枯葉の上に「ボタッ・・・ボタッ・・・ボタボタッ・・・」と落ちる音がやけにリアルに耳に残った。

兄貴に聞いてみた。
何故、腰に手をやったり、腕組をしたまま射精するのかと・・・。返ってきた答えが、普段オナニーする時はティッシュで受けるのだが、せめてこのような開放された場所や風呂場などでは勢いよく出したいらしかった。まぁ~人それぞれって事で、兄弟でも違うものだとその時は感心した。

俺達は下山し、麓の旅館に泊まった。
そこでもまた、兄貴は開放感から旅館内にある共同温泉でオナニーをした。(俺は無罪 笑)




これが俺の露出の初体験であり、目覚めの瞬間である。

それ以降の露出体験は、また書きますwww





01:36 | 露出 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。